彼らは認知症の高齢者を見つけるためにGPSで靴を作ります

post-title

私たちは何度も社会の最も脆弱な分野の1つを脇に置いています:彼らの記憶に自分の口を開いたままにする記憶と逸話でいっぱいのトランクを持っている高齢者。多くの人が時間の経過とともにさまざまな病気に苦しんでいます。そのうちの一つ、認知症。

日本人がこの状態に苦しんでいる祖父母を見つけることを可能にするGPSを備えた一対の靴を作り出したので、しかしすべてが悪い知らせではない。

Wish Hill社のGPS Dokodemo Shoesというプロジェクトは、モバイルデバイスまたはコンピュータを使って、行方不明者を地図上で見つけることを目的としています。

GPSは左足の靴底の内側にあり、本発明の推進会社が述べたように、主に認知症の父親を有する50歳の女性の間で好ましい影響を与えた。

この考えは、高齢者が携帯電話やタブレットなどのテクノロジーを使用しておらず、腕時計やペンダントを持ち歩かないことを好むという結論に達したときに生まれました。

このフットウェアは日本国内でのみ販売されていますが、ウィッシュヒルは将来的には記憶力の不足によって保護されていない人々の命を救うために世界の他の地域にも広がる可能性を排除しません。

データとして、世界保健機関(WHO)はその統計で世界の4750万人が認知症に苦しんでおり、毎年770万人の新しい症例があることを表明しています。

世界夜尿症DAYメッセージ動画(ロングVer) (10月 2019)


Top