研究によると、セックスをしないと太る

post-title

健康的で頻繁な性的関係を持っていることから派生する肉体的なだけでなく心理的および精神的な利益についても多くのことが言われてきました。しかし、今日では、スペインのプライマリケア医師会(SEMERGEN)のSexual Healthグループが行った研究の結果、セックスをしないことが肥大化していると結論付けられました。

性的関係が保たれているときに基本的に有機体で起こるのは、疼痛を軽減し、幸福感を与え、ストレスと戦うオキシトシンやエンドルフィンなどのホルモンの放出です。

それどころか、性行為の欠如は自尊心を低下させ、それはその人がより多く食べるようになりそしてより質の低いものにする - セルフケアの世話をしない - 運動を少なくし、それ故に体重を増やす。

デューク大学医療センターの何人かの研究者による評価によれば、肥満と勃起不全の間には直接的な関連があるので、それは悪循環です。高レベルの体重が発生したときに女性の性的機能不全でも同じことが起こります。

忘れられない男になる&元彼を忘れる方法など【恋愛テクニック】 (10月 2019)


Top