長時間座っていると、死に至ることがあります。

post-title

ほとんどの時間座って過ごすことが要求される仕事があります、そして、そうではありません、なぜなら、長い間ビデオゲームまたはコンピュータの前で何時間も過ごして幸せな人々もいます。

イギリスのレスター大学の研究によると、これは心臓病、慢性変性、さらには死亡に至るまでの範囲の疾病を患うリスクを増大させます。

この報告では、平均的な成人が座っている時間の50〜70パーセントを費やしているため、このパーセンテージを超えると、主に糖尿病の発症を伴う合併症が存在する可能性があります。国立公衆衛生研究所が述べているように、メキシコの女性の死因としての第一位と男性としての第二位。

この理論を支持する別の研究は、米国コロンビア大学の研究者によってなされました。 UU、誰が45年間で7000 985人の腰に活動モニターを置いた。

調査によると、13時間以上座って60分から90分連続して休憩を取った人は、30分ごとに運動をしていた人の2倍の死亡リスクを反映していました。

座りがちな生活習慣は、体重増加、体位不良、代謝など、前述のものに加えて他の悪影響を及ぼします。この傾向がある主な部門は、学生、主婦、そして退職者です。

そのため、30分ごとにマイナスの影響を避けるためにある程度の動きをするように勧めました。

あなたがオフィスであなたの時間の大部分を働いているならば、あなたの循環が安定するように少なくとも一つの地域から他の地域へ移動してください。身体活動を行う施設があるグループに所属している場合は、躊躇しないで、健康に気をつけてください。

【和尚さんが語る心と体の話】原因不明の体調不良を解消する方法「その1」 (12月 2019)


Top