日本の王女は王室の称号と王冠を愛のために放棄します:彼女は平民と結婚します


post-title

これは、祖先の血統から降りてきて、地球上で最も強力な帝国の一人に相続し、そしてすべてをあきらめて彼女の人生の愛の隣に彼女の道をたどることにした王女の物語です。彼女は平民になって自分の称号を残して喜んでいます。すべて愛のためです。

それはおとぎ話ではない、日本の真子姫は25歳で、彼女は秋皇帝の長女で、同級生の小室圭と結婚することを決心しました。実際、マコは大学に通った最初の皇族のメンバーでした。

普通のうちの王女



王女の婚約者は法律事務所で働いていて、彼の人生の詳細はほとんど知られていません:彼は父親の死後、困難な子供時代を過ごし、母親と祖父によって育ち、現在横浜の町にありますそして王女のように、バイオリンを弾いて、おいしい料理を楽しんでください。

しかし、夢が叶うためには、王女は王冠を放棄しなければなりません。その理由は、ケイは平民であり、王族を統治する日本の法律では、皇室の家は単なる死を免れない人と結婚したいのであれば、その地位を放棄することを要求しているからです。この法律は女性にのみ適用され、王子ナルヒトがそうであったように、男性は長官と結婚することができます。マコは王冠を去り、彼女が選んだ男に身を委ねるためにちょっと躊躇しなかった。



彼女は欲しいものを知っています

1947年に制定された帝国議定書によると、女性は菊の王座を志望することはできず、普通の結婚で契約することによって身分を失うことはできません。伝統は、王女は彼女の称号の喪失に対して補償を受けなければならず、その額は州によって決定されなければならず、かつて彼女が一般市民となった後は税金を払わなければならないと定めています。

真子は、鳴仁王子に次いで、皇帝の次男であり、王位継承の2番目の息子である秋篠王子の長女です。

この状況は家族を悩ませます

マコの叔母で唯一の皇帝秋人の娘であるサヤコ姫が、2005年に一般人と結婚するために彼女の称号を放棄したので、これが同様の状況が起こったのは今回が初めてではない。



皇室は減ります

皇室がますます小さくなっているので、この状況は日本の人々を心配しています。 19人のメンバーのうち、14人は女性であり、皇帝の称号はこの王朝の3人の男性にしか受け継がれることができない:たった10歳のナルヒト王子、アキシノ王子およびヒサヒト王子。

Top