彼は96歳で、読み書きを習得したばかりで、勉強を続けたいです。

メキシコのチアパス州にあるヴィセンテ・ゲレーロの先住民族出身のルピータは、5人の子供のうち最も年長の子供で、両親は時間の浪費だと考えて学校に通っていませんでした。食料と住居の必要性から、彼女はチアパス州トゥクストラグティエレスにある5月5日、Mercado 5 de Mayoの創設者の一人になりましたが、夢を失うことはありませんでした。

今、96歳で、そして勤勉の人生の後、彼は読み書きを学ぶことを学ぶために彼の研究を再開することを決心しました、そしてこれで彼は小学校から中学校レベルで資格を得ました。

多くの若い人たちと比較して、ルピータは研究を愛しており、すでに学士号または準備レベルを取る準備をしていることは注目に値します。

ルピタは、チャパネコ青少年成人教育研究所で学びました。彼の主な動機は、彼が広​​告、チラシ、または本に具体化されて見た言葉の意味を理解するための個人的な改善と好奇心から来ています。

私はそれを解読することができるかどうか探して、そこに私は少しでも何かを探しました。 6ヶ月の間に私は高校を卒業しました。そのすべてが私に知り、読み、書きそして奉仕したいという動機を与えました。

彼女は眼鏡をかけていて、書くとき手が震えていますが、ルピタは私たち全員が従うべき強さと献身の例です。

(JPN SUB) [탈탈탈] 53회 2부 - 2001년 입국, 몽골 (モンゴル), 사막 (砂漠), 탈북 (脱北), 대학원 (大学院) : 김혁 (金革) 인터뷰 (10月 2019)


Top