2歳の女の子が自分の携帯電話で昼夜を過ごしました。今彼は重度の近視です

元々中国出身の2歳の女の子が、携帯電話に長時間さらされた結果、重度の近視になります。

によって報告された情報によると デイリーメール彼女の両親は、1歳のときに静かに過ごせるように携帯電話を渡しました。小さい人は昼夜を問わず離れることができず、若い頃には元に戻せないほどの損害をもたらし、悪化する可能性があります。揚州小児と産科ケアサービスセンターの診断によると、時間の経過とともに、。

被害者の両親は、彼女の渋面や目の細かいところで携帯電話の画面を見たときに、彼女の娘と一緒に何か奇妙なことが起こったことに気づきました。 。

軽度の近視の人のスコアは-0.5ジオプター(D)から-3Dです。最年少、-9、複雑な状況があります。

世界保健機関(WHO)からの情報によれば、1歳未満の子供は、何らかの理由で、スクリーンにさらされるべきではありません。 2人と4人がいる人の場合、最大推奨時間は1日1時間です。

数年前、21歳の女性がモバイルビデオゲームに夢中になって、携帯電話の前で丸一日過ごした後、部分的に失明しました。 Wu Xiaojungは網膜動脈閉塞症(網膜に血液を供給する動脈の閉塞)と診断されました。

この目の病気の犠牲者は、彼女が定期的にノンストップで遊んで8時間を過ごしたこと、そして彼女の行動を変えなければ盲目になると彼女の両親が彼女に警告しさえしたことを告白しました。

【スカッとする話】外見は病弱で幸薄くけなげ?に見えるらしい私は元々超短気で極悪なDQN女→過去損をしたり痛い目に遭って来た…今の職場の性悪オンナミカにとうとうやっちゃいました…w (10月 2019)


Top